シミ取りクリームランキング

シミ取りクリームランキング
MENU

シミ取りクリームランキング

 

シミ取りクリームランキング

 

シミ取りクリームランキングをお知らせします。

 

 

シミ取りクリームが効くシミと効かないシミ

 

シミにもいくつか種類があり、その中にシミ取りクリームが効くシミと効かないシミがあります。

 

こちらではまず、シミの種類を解説し、シミ取りクリームが効くシミをご紹介していきます。

 

 

シミの種類と有効な治療法

 

  • 老人性色素斑:紫外線や外部摩擦によりできるシミ。長年の蓄積により加齢とともに次第に浮き出てきます。
  • 炎症性色素沈着:ニキビ跡や傷跡がシミになったもの。時間がたてば次第に薄くなっていく傾向にあります。
  • 肝斑:30〜50代の女性に発生する女性ホルモンに起因するシミ。1人目を出産した後に出てくることが多いようです。
  • そばかす:遺伝性の強いシミ。幼少期から思春期にかけて発生し、両頬に対象に広がるように発生します。
  • 脂漏性角化症:老人性色素斑が更に濃くなり立体化したもの。イボのようにも見える黒いもの。

 

 

シミ取りクリームが効くシミ

 

上記5つのシミに対して、シミ取りクリームが効くシミは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかすの4種類です。

 

脂漏性角化症はレーザー出ないと取ることはできません。

 

 

シミができるメカニズム

 

シミができるメカニズム

 

シミに有効な成分をお知らせする前に、どのプロセスに効く成分なのかをイメージしてもらうために、シミができるメカニズムをお伝えします。

 

シミは紫外線や外部刺激などにより、角質層の奥にあるメラノサイトが刺激を受けてメラニンを生成します。生成されたメラニンは通常であればターンオーバーにより外部に排出されますが、体調が悪かったり、加齢によりターンオーバーの速度が遅くなると、次第に肌内に蓄積されてシミとなっていきます。

 

 

シミ対策に有効な成分

 

シミ対策に有効な成分として、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンがあります。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤として有名で今あるシミを消してくれます。濃度により効果の出方が変わりますが、2%を目安としてそれ以上の濃度のハイドロキノンを使う場合には、医師に相談の上使うのが良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンは昔からある成分で、メラニンの生成を抑制してシミの発生を抑え、美白成分として医薬部外品に指定されています。

 

この他にも、トラネキサム酸、カモミラET、4MSK、プラセンタなどがあります。

 

 

シミ取りクリームの選び方

 

シミ取りクリームにはどのようなポイントに気を付けて選べばよいのでしょうか?こちらえは3つのポイントをお知らせします。

 

成分

 

シミ取りクリームにお勧めの成分はハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンです。この3つのうちいずれかが入っていれば効果を期待して良いでしょう。ハイドロキノンは他の成分の100倍の効果だけど肌への刺激に注意、ビタミンC誘導体、アルブチンは敏感肌の方にも使っていただけるものです。

 

肌に合ったものを選ぶ

 

ハイドロキノンクリームは刺激が強く、敏感肌の方は使えないものが多いです。しかし最近では成分の周りを刺激性の低い粒子で包んで角質層まで運ぶクリームが登場していますので、そういうクリームを選んで使えばよいでしょう。なかなか肌に合わないクリームが見つからない、もしくは刺激の低いものを選びたいと考える人は、ビタミンC誘導体やアルブチンなどが入ったクリームを選ぶとよいでしょう。

 

シミの大きさにより決める

 

シミ取りクリームにはスポット型とスキンケア型があります。顔全体に広がるしみやくすみを取りたい方はスキンケアタイプを、ピンポイントにできたシミを取りたい場合はスポット型を選ぶとよいでしょう。

 

 

シミ取りクリームランキング

 

ここからはシミ取りクリームランキングとして3つのクリームをご紹介します。

 

ビーグレン

 

ビーグレン

 

カリフォルニア大学でがんの研究をしていた、ブライアン・ケラー博士が研究していた技術を転用して作った技術QuSomeを使って作ったカプセルに美容成分を入れることで、効果的に美容成分を角質層の奥まで届けることを可能にしました。

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンの濃度を1.9%としながらQuSomeカプセルに入れることで肌刺激を抑えつつもその効果を維持品が角質層の奥まで届けます。スポットタイプのクリームですので、ピンポイントにケアしたい人にはおすすめのクリームです。ビーグレンには7日分のトライアルケットがあり、1,800円30日間の返金保証付きでお試しできます。

 

アンプルール

 

アンプルール

 

皮膚科医が開発がしたクリームでスポット型の美容液とスキンケア型のクリームをセットで使います。メイン成分はハイドロキノンでこちらも1,890円のトライアルセットがあり、7日間使用できます。

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

ニューヨーク在住でコロンビア大学出身の皮膚科医と人気のエステティシャンが共同で開発したシズカゲルはアルブチンとビタミンC誘導体を配合したオールインワンジェルです。1本5役で30日分2,980円です。シミを中心にあらゆる肌悩みを解決してくれます。スキンケアタイプですので、顔全体のくすみが気になる方などにお勧めのクリームです。

 

 

シミ取りクリームランキングまとめ

 

こちらではシミの種類からシミ取りクリームの選び方、シミ取りクリームランキングベスト3をご紹介しました。

 

どれも比較的手ごろな値段で使えますので、まずは3ヶ月程度使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

このページの先頭へ